毎日のスキンケアで毛穴ケア

毛穴の黒ずみを落とすのに、毎日の洗顔に気をつけています。

泡立てて優しく顔を、洗う事で黒ずみをおとし、洗い流す時は、熱い温度ではなくぬるま湯でシャワーだと乾燥肌にしてお肌によくないのでシャワーで流さないで流しています。

お風呂をつかるのも、高温のお湯につからないで39℃ぐらいで10分以内までにあがるようにし乾燥に、気をつけてます。

お風呂上がりすぐに、保湿をします。

保湿も肌が弱いので、肌に優しいものを使っています。

乾燥がひどくて痒くなった時などは、病院にいき痒み止め、保湿クリームも貰って肌の乾燥がよくなるまで、病院でもらったものを使っています。

日焼け止めも季節関係なく毎日塗り、お肌を保湿して乾燥してない状態で塗り三時間おきに塗り直しシミだけではなく乾燥も防ぐ為にしています。

夏になるとニキビが出やすくなるので、夏はニキビとる洗顔に変えます。

シャンプーやコンディショナーを洗い残しも肌に良くないで髪→体→顔の順番で洗い、洗い残しを防ぐようにしてます。

日常的では、あぶらとり紙をこまめに使い鼻やおでこの油をおいとかないで、こまめにとるよう心がけています。

これからの事を毎日欠かさずにやる事で毛穴、乾燥、ニキビの悩みの、スキンケアをやっています。

不滅のイチゴ鼻!!

20代の頃から指で小鼻の、黒ずみを押し出す作業でその場を凌いでいたツケが、いよいよ、回ってきた。

一度広がった毛穴が埋まることは決してなく、その溝は広がるばかり。

○○パックを使ってみたりもしてみたけれど、やはり、指で押し出す作戦を越えるものはなし。

これではいけない!と思いつつも、メイクノリを考えると、あの、黒ずみが、あるのと、ないのでは、小鼻の、ファンデーションのノリがまったくちがうのである。

しかし、それもつかの間。

ものの、5日もすれば再び現れる憎き黒ずみ。

ある日湯船に、長めに浸かり、鼻の毛穴を柔らかく広げ、指でぐいぐい押し、あとは、自然に閉じるのを待って、一通りの作業を終えた時、ふと思い付いた事がある。

黒ずみが溜まる前に蓋をすればいいんぢゃないかと。

ものはためしで、毎日の、入浴後にコットンに化粧水を含ませ、その、コットンが乾くまで鼻に乗せ放置。

(約10分)それから、一週間続けた結果、蓋作戦見事に成功!!あの憎き黒ずみが、毎日の蓋作戦により、消滅したのである。

ただし、これには、コツがあり、使う化粧水は、油分を余り含まない無添加ものや、お米、大豆ものの、化粧水を推進したい。

あの、黒ずみの、好物は油分なのだと、悟りました。


PAGE TOP